無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2010年7月 »

2009年12月

2009年12月 1日 (火)

ジジイにならなきゃ見えねぇ景色もある

さて「シネマ川柳」第13句目

飛ばねぇジジイは、ただのジジイだ

ってくらいに飛ぶジジイ

風船付けて旅行するなんざ

こどもの頃の夢じゃねえか

日本もアメリカさんも

考えるこたぁ同じなんだな

この映画

初めてチラシを見た瞬間に

俺の胸に咲いたね

色とりどりの風船の花がよぉ

すっかり忘れられた日本の風船おじさんも

きっと花が咲いちゃったんだろうな

このジジイがなんともカッコよくてなぁ

人生をかけて妻を愛し

亡くなってからも愛し続ける

ここだけは

最近の野郎みたいに

フラフラフラフラ

それこそ風船みたいにあっちの女こっちの女って行かねんだなぁ

頭が下がるよ

その妻のために風船旅行

俺には見えたぜ

ジジイの隣に座ってる

妻の姿がよぉ

ジジイも最高だけど

ジジイに愛され続ける妻も最高だなぁ

これがガキの映画だと思ってる奴は

風船付けてどっか飛んでいっちまえ

そうそう

この映画に出てくるガキが

いい味出し過ぎなんだよ

お前でもう一本作ってもらえよ

アメリカさんは

実写はもうダメだけど

アニメは最高の作品を作り続けるなぁ

駿ジジイもまだ背中に風船ついてんのか

飛ばねぇ駿は、ただのひげジジイ

だぞ

まだまだ飛べよ

ジジイ

今回のお題『カールじいさんの空飛ぶ家』

「割れるまで 妻への想い 吹き続け」 

« 2009年10月 | トップページ | 2010年7月 »