無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年9月

2010年9月22日 (水)

三歩の姉ちゃんは千歩

さて「シネマ川柳」第18句目

映画を観ても泣くことがない

そんな僕が

漫画を観て泣いた

その漫画とは・・・

『岳』

(がく)と読みます

山岳救助を題材にした物語で

主人公は島崎三歩(さんぽ)

根っからの山好きで

山にテントを張って暮らしている

麓からの連絡で遭難者などの救助に向かうのですが

全てボランティア

無茶なことをして遭難してしまった人にも優しく声をかける

登山を諦めようとしている人にも優しく声をかける

亡くなってしまった人にも優しく声をかける

その全てに嫌味がない

「山が好き」というただ一点で

山に来る人全てを好きでいる

そんな三歩に惚れます

どこで泣いたかと言うと

物語を通して何度も登場して成長っぷりを見せてくれる

「ナオタくん」という男の子の初登場の回

父親と一緒に山に登り・・・うんぬん

という話なのですが

最後のナオタくんからの質問へ

三歩が返す答え

これで涙がつぅーと

この漫画に出会えて本当に良かった

と心から思った瞬間でした

そんな『岳』が来年映画化されます

主人公の三歩を演じるのは

ルパンも演じる小栗旬

これ、イメージと違うのです

三歩はもっとごっつい山男

70キロくらいの重量なら、ひょいと背中に担いだまま垂直の壁を登っちゃうような山男

小栗くんじゃ線が細いんだよなぁ

しかも何の裏もないあの笑顔が出来るのかなぁ

心配だ

共演者は長澤まさみ

新人救助隊の久美役なんだけど

この役作りのために髪をばっさり切って体重もごっそり落としたのはいいんですが

女優としての輝きをも失ってしまったようで

僕は不安で夜も寝袋で寝られません

この映画で輝きを取り戻して下さい

あとは、佐々木蔵之介さんや渡部篤郎さん

キャストの名前だけ見ると大作です

漫画を見ているだけでも、山は死と隣り合わせなんだなと怖さを感じます

それでも山を好きだと言える三歩のためにも

是非涙をつぅーとさせるような作品にして下さい

して下さいよ~ さいよ~ さいよ~

東宝さ~ん さ~ん さ~ん

今回のお題『岳』

「アルプスを 目指す気分で まずカルピス」

« 2010年8月 | トップページ | 2011年1月 »